テーマ:グルメ

産直店で今が旬のアスパラガスを買う

ようやく春めいてきた北海道 北海道神宮のソメイヨシノも開花宣言 この時期 春の野菜といえば アスパラガス 最近では新しい品種も加わり 採れたては甘く 生でも食べられるものも登場しました 長沼の道の駅にある産直売り場へ 出かけることに… 予想に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

凛とした背中で仕事に臨むとんかつの店「くにか」

凛とした背中で仕事に臨むよう心がけています 店主 平沢晴之さん 今 札幌で とんかつが食べたくなったら 最初に頭に浮かぶのが「とんかつの店「くにか」 と ん か つ く に か 続けて書くと 何か意味がありそうだが よくわからない… チェーン店ではなく 店主が ひとつひとつ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しょうが焼きの肉ってどんな肉 シリーズ 意識的に外食します!

お昼の定食といえば 定番メニューのひとつに しょうが焼き定食 っていうのがあります 漢字では 生姜焼き定食 になるのでしょうね ところで この生姜焼きの肉 豚肉を使うのは共通と思うのですが どこの部位 カットの肉なのかという話しです 今…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シリーズ 意識的に外食します!「室蘭の肉鍋 乃ざ喜 」

過疎化の室蘭市 その中でも蘭西地区 中央町の商店街は いわゆるシャッター通り かつてのアーケードは撤去され 栄えた頃の面影も消えようとしている 不景気に強い食べ物屋とはいえ 現在も尚 営業を継続できている店は数えるほどとなった 名店のひとつ 肉鍋 乃ざ喜 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

室蘭やきとり 美唄やきとり

室蘭出身者としては 室蘭やきとりが一番美味しいと言いたいところなんですが 実は 美唄やきとりが好み もっとも この二つは やきとりといっても 素材が別 比べること自体 野暮かも知れません いつからか 室蘭やきとりと呼ばれるようになったスタイルは 鶏肉ではなく 豚の精肉を使ったも…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

室蘭のカツ丼 小がね 今回は東町店

以前 小がね そば店 輪西店で紹介しましたが 室蘭のカツ丼(小がね)は個性的です 普通 どんぶり物は 丼にごはん その上に具材が乗っかっているものですが 小がねのカツ丼は 別々に出てきます カツが別に出されるようになったのは カツがどんぶりからあふれるほど大きいから とのこ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

食事と入浴シーン? 小樽朝里川温泉3時間ステイ(後編)

料理は部屋でも食べることができますが(別料金) お忍び でもないので 食事処の趣も堪能 雪がなければ 池や水車が望めます   3時間ステイに組み込まれた料理 1400円相当とのこと 基本的なセットでは 決して 高価な食材は使用されていませんが そ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

マザーズ牧場 白老たまごの里

室蘭へ帰省した帰り 時々寄るのが 白老町にあるマザーズ牧場 白老の牧場とは言っても 牛ではなく 鶏の牧場 養鶏場の産直店 生タマゴの他にも スイーツや加工品も揃っています 道路沿いには生たまごの自動販売機もあります 最近 有名になったのが シュークリームとプリン 時間…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オープンしたて ドルチェ・ド・サンチョでチーズケーキ購入

STVラジオから流れた情報 今流行りのスイーツの新しい店がオープン 友人に頼まれて寄ってみました DOLCE DE SANCIO ドルチェ・ド・サンチョ イタリア菓子を中心とした スイーツの店とのこと 道産子 ドサンコ の音を イタリア風の音 にした店名だそ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

僕つけめん!も良いけど ラーメンも忘れないでね

ラーメン つけめん 僕 イケメン 上記のギャグは忘れ去られようとしているが ラーメン店に於ける つけめん 完全に定着したように思う 以前から ざるラーメン なるものは存在したが 冷やし中華のタレか もり蕎麦用のタレをくぐらせる程度で 現在のように それ用の麺やタレに 工夫を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道(十勝)の豚丼が食べたいという知人にも薦めたい店

十勝の豚丼がブームになって久しいが 札幌市でも 豚丼のメニューは良く見かける コンビニや 弁当屋さんでも 同様のネーミング商品があるが 残念ながら その多くは ただ 白飯に 焼いた豚肉を乗っけ 甘くてしょっぱい 焼肉のタレをかけただけのものが多い 豚丼の命は 炭火で焼かれ …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

浜っこラーメン けんたろう 海の駅ぷらっとみなと市場

苫小牧市港町にある 海の駅ぷらっとみなと市場 以前 北寄玉という ホッキ貝の入った たこ焼き店のある市場 その奥にある食堂 浜っこラーメン けんたろう アナログのテレビ 昭和なテーブル 雑誌 スポーツ新聞 今時 喫煙自由 海鮮ラーメン930円 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JR登別駅前で、空腹の途方に暮れた時、立ち寄った「味の実和」

地方に行けば行くほど 土日 営業している飲食店が少ない 地元の住人相手に商売している繁華街であれば尚更そう JR登別駅前 子供の頃  まだ国鉄と呼ばれていた鉄道の時代 登別駅前は 温泉街へのバス乗り換えと 地元の学生や勤め人で 時間帯によっては 賑わっていた記憶がある 現在も 観光地…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そばを食べると 初恋のひとが すぐそばにいるような…

北海道の蕎麦屋の歴史を振り返ると 現在、釧路にある「竹老園 東家総本店」に由来する店舗が多い 札幌の老舗と言われる蕎麦屋でも、この「東家」の屋号がついているものを見かける 創始者は「伊藤文平」さんといい、明治7年、小樽での夜啼き蕎麦屋にまで遡り 現在も釧路の「竹老園 東家総本店」は「伊藤家」の直系である 実は自分には、多少…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

室蘭で天勝の天丼

土日、また雨 故郷の天丼が食べたくなり 札幌から約130キロ 高速道路で飛ばして行ってきた 室蘭市の栄枯盛衰を映し出しす中央町商店街 2008年に40年間愛された浜町アーケードが撤去され シャッター通りがお天道様にさらされている 開店休業中、閑古鳥の鳴く店が多い中 今でも昼時には店内が満席になることがある「天勝」…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

そば うどん お食事 コーヒー 喫茶店のようなお蕎麦屋さん

昨日の晴れから一転、今日は一日中雨 全国的な傾向とはいえ、北海道のこの時期には予想外の状況です 昼頃、会議があって、外出しました 昼食に入った店「そばレストランたん野」 外見は一昔前の喫茶店です 店内に入ると、古い喫茶店特有の饐えた臭いというか、加齢臭というか 雨という気候のせいもあるのでしょうが、独特の空気が充…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洞爺湖で「ちゃいはな」してドライブ 

とうや湖ぐるっと彫刻公園というのがあって、 湖畔に彫刻が58基設置されています 特に興味がなくても、目印にして、散策、ドライブする目標にはなります 公共事業の無駄使い?との気分を抑えながら、1基撮影 お昼時、カレーが食べたくなり 古民家を利用した「ちゃいはな」を訪れました 昼の営業が12時~15時半、ぎりぎり15時入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洞爺湖の噴火の跡と日帰り温泉ポロモイでラーメン

洞爺湖といえば、2008年に洞爺湖サミットが行われ 一時は話題にもなり、客脚も増えていましたが 現在は世界的な不況も影響してか 閑古鳥が鳴いているホテルも多いとききます 2000年には、昭和新山と有珠山の噴火があり 街全体に大きな被害がありました 現在も火口からは白煙が上がっていますが 散策路が整備されて、見学できるように…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

札幌郊外の見かけによらない美味しいソフトクリーム店見っけ

自然満喫倶楽部っていう店ですが いわゆる、よくある道路脇で農家さんとかが出店している店です 札幌郊外、○○狩りみたいな体験型農園もあるような地域になります こういった店は日銭狙いの素人店が多く、出来ては消えていくものですが この店は見かけによらず、2005年にオープン後、口コミで広まっている人気店です 牛乳ソフトクリーム 25…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こういう蕎麦屋もあるんだなと 蕎麦好きな方の自宅でご馳走になるような気分

昨日、訪れたラーメン屋「武蔵」のすぐ近くにある蕎麦屋に行ってきました ちょっとモダンな普通の家の玄関で、ほんとうに営業してるのか不安になります 「いちげんさん」お断りとか、蕎麦倶楽部や完全予約だったり、時価だったら? 人見知りでお金にゆとりのない自分には、敷居が高いような 「いらっしゃいませ」の看板を頼りに ちょっとドキドキし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ザ・札幌ラーメンだね ところで、流行ると、どうして値段が高くなるのだろう

ラーメン店の不思議 当初、地味に営業しているときは 安くて美味しい店だったのに 昨今のラーメンブーム 雑誌に取り上げられ 口コミが広がり 気がつけば人気店 弟子入り? 暖簾分け? 多店舗展開 兄弟・親子店 ま ここまではいいのだが 本来は売り上げもあがり、 儲かっているはずなのに 何故か販売価…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

普通の蕎麦を普通の蕎麦屋で食べる安心感はある店 そば処蔵屋

一気に暑くなったせいか、 お昼時になると蕎麦が恋しい 市民農園の作業の合間、近辺で蕎麦屋を探す… 場所は864号線、厚別西、桜台病院の向かい側 そば処蔵亭、店名どおり、和の白壁風建物 (ちょっとチープな感じも…) 駐車場も、5、6台なら余裕あるスペース 店内に入ると何やら軽音楽?のBGM 黒と白を基調とした店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室蘭屋台村の恵友(えとも)で、帆立の玉焼きと煮つぶ

室蘭市にある白鳥大橋 その水族館側にある屋台村 村と名乗っているので 何件も寄り合って営業している 焼き鳥やラーメン、ソフトクリームも販売している 一頃の目新しいブームは去って それなりに支持されている店だけが残ったという印象である 自分が目当てにしているのは 屋台の中間より、やや左側に位置する 恵友(えとも)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

白老牛ラーメンって書いてるけど それは牛骨スープのことです 元気屋 

室蘭からの帰り、国道36号線沿い、白老町社台で いつも気になっていた「白老牛らーめん」の文字 小腹の空いた時間だったので、思い切って、入店した この辺りは、白老牛の焼肉を食べさせる店もあるのだが 国道沿いにある、こういったドライブイン的な店 看板が派手で、出てくるものは残念賞というのはよくあることである 自動販売機と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

洞爺湖畔の古民家を利用したカフェ lakeside cafe jalibu 「ジャリブ」

洞爺湖畔の古民家を利用したカフェ 先輩格として既に「ちゃいはな」がありますが、 今回は今年オープンした「ジャリブ」lakeside cafe jalibu へ行ってきました。 「ちゃいはな」は温泉街から離れた壮瞥町の奥に在りますが 「ジャリブ」はそれよりも昭和新山側にあります 一見すると営業してるのか戸惑いますし こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルちゃん ダブルラーメン ファイナル

「しお」 「みそ」ときて いよいよ最後「しょうゆ」を食べます 作り方説明の指示を守ります 水は1つあたり、450ccですから 900ccということになります 最高に沸騰したと確認して …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代版、夜鳴きそばや とんこつトンコツ臭いがする「山岡家」

真夜中のドライブ、 ちょっと、小腹が空いたかなと思う時、 ふと、目に留まる24時間営業の「山岡家」 紅白の看板の光の中に導かれ、 店内へと吸い込まれていった方も多いことでしょう。 主要幹線で無数に展開する店舗。 今さら、味がどうのと、 評価も語り尽くされたに違いない。 好みはどうあれ、 一定の根強いファンがいること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代のニーズを追求した魅力満載のラーメン店 橙ヤ(札幌伏古店)

橙ヤ札幌伏古店、2回目の訪問である 前回、訪れたときは、 限定メニューの「鶏がらしお」を頼んでしまい ベーシックなメニューの味を確かめていなかった この数年で、この地域、この通りは、 ラーメン店の開業が重なった 苗穂通だけでも、環状線側から 「白や」伏古2-3「橙ヤ」伏古4-3「ゆげや」 同時に暖簾を締めた店も散見される…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みそ味も食べてみました

先ほどの「しお」に続き、「みそ」を食べることにします。 半日でダブルラーメン二つということは、単純に4食分…。 こちらの麺は割れてませんでした。 おそらく同じ麺と思われます。 ただ、保存状態の影響か 油分が片側に寄っているように見えます。 香りも先ほどよりも油くさい気もします。 感覚の違い? パッケージの色の影響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more