日本には世界中の神様仏様が集まるのかも


先日 日本語って凄いという日記を書いたけど

日本人の宗教観というか

日本文化の凄さ 宗教との関係でも感じる

これは 日本語の持つ特質と共通するもののように思う

自分は 宗教学者でもないし 無宗教に近い生活をおくっているので

信心深い方や専門家からは 笑われそうだけど

日本人ほど宗教に寛容な国民はいないんじゃないだろうか



お寺の鐘 除夜の鐘

神社 仏閣 神事的に正月を迎え

仏教的にお盆を過ごし

クリスマスには ケーキかデート

最近では 子供とハロウィンごっこをやったり

なんとなくご利益願って 恵方巻

かなり 商業的に煽られてるとはいえ これはこれで 日本らしいとも映る


カトリック系の幼稚園を出た子が

仏教系の高校に入学

大学受験の前に 神社で願掛け


信仰の自由が許された社会


わんさか出てくる新興宗教

政教分離とはいえ そうでもないような部分もあり

国の財政が逼迫して

年金生活者さえ保険料を徴収される時代になっても

宗教法人は非課税という気前の良さ
(奉仕の心が教えにあるなら 税金払ってくれないかな)

雑誌で星占いや諸々の運勢術を読み

街に出ると「無料です」とそれらしい本を渡され

交差点で立ち止まれば 二人組みの自転車に乗った外人に話しかけられ

疲れてベンチに座れば 聖なる水とか薦められ 祈られてしまう


日本って凄いよね

きっと 全ての神様仏様が日本に住んでいるんじゃないかな


画像

先日まで はやぶさ帰還カプセル展示があった 札幌市青少年科学館もあるよ





ポチ応援 よろしく お願いします
人気ブログランキングへ

"日本には世界中の神様仏様が集まるのかも" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント